D22ёERPeak検査当日

こんにちは、リリリです(*’ω’*)
お久しぶりになってしまいましたが、無事にリプロ大阪には通院できています:)

時期的に不安なことも多いですが、感染対策をしっかりして
治療を進めていきたいと思います(*_*)


今日はERPeak検査当日のことをキロクしていきます!

7/30 D22 13時30分受付
持ち物は、同意書・生理用ナプキンで
事前に渡された書類に記載されている当日の流れは
①受付
②採血
③ERPeak検査施行
④採血結果をみて診察後会計
⑤抗生剤処方
⑥検査結果は約3週間後


実際に、13時30分に受付したらもうほとんど待合室に人はいなくて
すぐに採血、内診へ呼ばれました。
ERPeakは去年ERA検査を受けた時も痛かったし、
BCE検査もむちゃくちゃ痛かったから、
どうだろうか、、、ってびびってたんですが
結果から言うとそこまで痛くなかったです!

先生にもよるのかな(*_*)?
採取する組織?の回数がBCEは3回くらい削ってたんですけど、
ERPeakは1回削っておわりくらいでした(∩´∀`)∩

その後、診察室へ呼ばれてまたもやO先生。笑
検査は無事に終わったことと、採血結果も問題なかったことを説明され
抗生剤のクラリスロマイシンを4回分と、
プレマリンノアルテンを1週間分処方処方されそうになったんですが
わたしはこのまま採卵周期に入るのでホルモン剤は不要でした(また採卵忘れられてる。笑)


ちなみに、ERPeak検査の結果が出るのが約3週間なので、
次周期が移植周期の方はホルモン剤で生理が来るのを調整させて
結果を確認してから移植周期に入れるようにするためみたいです:)


、、、、、が、わたしの気になっていることで
去年のERA検査のあと、プレマリンルトラールを飲んでても
検査後の出血が治まらず、だからといって生理でもない感じが続いて
結局2回くらい受診して最終的にプラノバールに薬を変えてもらって
なんとか出血が止まったという経緯があります。
(そしてプラノバールは合わず嘔吐と嘔気がずっとあった←)


なので、検査後の出血が止まらず生理と見分けがつかない場合は
どうしたらいいのか先生に質問してみました。(去年の経緯も話した)

先生からは、
・検査後の内診ではあんまり出血がなかったから、出血が止まらないってことはないと思う
・もし出血が止まらなかったら本当は診察に来てほしいけど、遠方なので近くのクリニックを
 受診して生理を調整するホルモン剤を処方してもらうよう頼む
 →もしくは処方しかけたプレマリンノアルテンを持って帰って、もしも出血がだらだらと
  続くようなら1週間内服する(内服後、数日から1週間で生理くる)

というお話で、一応プレマリンノアルテンを持って帰ることにしました!
(ちなみに、去年出血した時もプレマリン飲んでたけど止まらなかった話したけど
 なかなか話を理解してもらえなくてちょっと時間かかった←)



時間的に待合室の人も少なくて、受付から1時間くらいで終わりました!
お会計は¥138,941(た、たっけぇぇぇぇ、、、、!!!)

こんなに高いお金出したんだから、お願いだから移植に良い方につながるような
結果が出てくれますようにーーー!!!!!!!!


家に帰ってからも、先生が言った通り出血は少量でした:)
下腹部の違和感とちょっとの痛みはありましたが、問題ないくらい。
夜ご飯はオットさんが作ってくれました(*’ω’*)感謝!


読んで下さった方がみえましたらありがとうございます(●^o^●)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です